Photo by Ami Sakura in 2018

汐入公園のお花見情報と桜の豆知識!


Writer

東京都荒川区に位置する「汐入(しおいり)公園」は隅田川に隣接する2006年に建てられた比較的新しい公園です。公園の周辺には高層マンションが立ち並び、近代的な風景の中に自然豊かな汐入公園が佇んでいます。汐入公園は都心から少し離れた住宅街に建てられた公園のため、広々としていて人が少ない裏スポットとして地元の人々から愛されています。

今回は隅田川と桜、そしてスカイツリーも同時に楽しめる汐入公園の「お花見の楽しみ方」や「写真映えする絶景スポット」、「ドラマのロケ地」などをご紹介します!


汐入公園のお花見開花情報

汐入公園の桜の開花時期は3月上旬から4月中旬頃です。桜の木は隅田川と汐入公園の間を一列に並ぶように育っており、合計300本以上の桜が植えられています。比較的新しい公園ゆえに、隅田川沿いの桜並木は近代建築と自然が融合された芸術的な風景です。桜の木の下でお花見をしている人やランニングをしている人を見受けられます。

上の写真は4月上旬に撮ったものですが、すでに気温は暖かく小春日和でした。夜は桜のライトアップをしておりません。街の明かりで夕方頃までは明るいですが、それ以降は暗くなりますのでお花見に訪れる際は明るい時間をおすすめします。汐入公園の桜の品種は約30種類以上と豊富です。ソメイヨシノや河津桜、大寒桜など様々な品種が見られます。

入場料は無料です。誰でも気軽に入ることができます。トイレの数は合計6個あり、とても充実しています。多目的トイレの他には、ベビーベットやベビーチェアなども整備され、子連れの親子も安心して利用できる公園となっています。 広くて新しい公園なので施設の配慮がしっかりとされていて嬉しいです。

アクセス情報

■車
駐車場は第一駐車場と第二駐車場があります。
24時間営業しており利用料金は1時間まで200円、以降30分毎に100円です。

■徒歩
JR南千住駅から徒歩12分です。
J R常磐線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが通っています。

知っていると面白い!お花見の豆知識

汐入公園で見ることができる「陽光桜(ようこうさくら)」

汐入公園には様々な品種の桜が咲いていますが、今回は汐入公園でも見ることができる「陽光(ヨウコウ)桜」ついてご紹介します。陽光桜の花びらは鮮やかな桃色の可愛らしい桜です。花びらの数は5枚です。開花時期は3月中旬から4月上旬が見頃です。美しい花びらを持つ陽光桜ですが、木の伝染病や寒暖の差に強く、とても逞しい桜でもあります。

陽光桜ができるまでには長い歴史がありました。2015年には陽光桜が誕生する歴史が「陽光桜」というタイトルで映画化されました。時は1940年頃の日本が戦時に敗北した時代です。元教師であった主人公、高岡正明が戦争に送り出した生徒を思い、平和の願いを込めて陽光桜を誕生させました。陽光桜が品種改良を繰り返し誕生するまでに20年以上もの歳月がかかったと映画では説明しています。交配した親は淡い紅色をした5つの花弁を持つ「天木吉野(アマギヨシノ)」と鮮やかな桃色をした「寒緋桜(カンヒザクラ)」です。

こちらが天木吉野(アマギヨシノ)です。

そして、こちらが寒緋桜(カンヒザクラ)です。

交配した親の桜と陽光桜比べると、陽光桜が鮮やかな色彩とつつましい花びらを持つ理由が見受けられるきがします。東京都内では新宿御苑などでも見ることができますのでぜひ探してみると面白いですね。

汐入公園周辺のおすすめ情報!

写真映えする汐入公園の絶景スポット

インスタ映え間違いなしの桜の絶景スポットが汐入公園にあります。スカイツリーを隅田川の向こう側に見ることができ、巨大なスカイツリー全体が写真のフレームに収まります。さらに、桜と一緒に撮影できるので下町らしい春の風景を汐入公園で撮ことができるのです。

汐入公園は桜以外にも様々な花が楽しめることでも有名です。日時計の周りにはハーブ園があり、5月上旬頃にラベンダーなどの花が一斉に咲きだします。天気の良い日には日時計の時刻も映し出され、写真映えは間違いなしです。

他にはフォトスポットを備えたバラ園や、アジサイ、チューリップと年中通して花を堪能することができます。東京の中心からそれほど遠くない場所で、季節を楽しめるので嬉しいです。風景の写真やお子さんの写真など写真映えするスポットがたくさんありますのでぜひカメラ片手に訪れることをおすすめします。

汐入公園のレジャー施設

汐入公園は子供が遊ぶスペースが充実しています。子供がのびのびと遊ぶことができるファミリーに優しい公園です。人気な子供用の遊具は3つの柱に支えられている円状の「ツインタワー」と呼ばれるタワーです。週末には子供たちが嬉しそうにタワーに登って遊んでいます。夏には子供たちが水遊びをして楽しめる噴水もあります。子ども用の遊び場として十分な施設が整っていますのでぜひ子連れで訪れたい場所です。人の数が少ないところも魅力的です!街の中心から離れた場所にあり、周りが住宅地になっているため、ひっそりとしています。車の通りも少ないので子供が存分に遊べる空間です。

他にはバーベキュー場やテニスコートなどの施設が併設されています。バーベキュー場は利用日の1か月前から予約が可能となっており、先着順で施設の申し込みを受け付けています。貸出料金は無料です。食器や食材はありませんので準備は必要ですが、公園から徒歩5分の場所にスーパーマーケットがあるのでとても便利です。少し肌寒いですが、お花見をしながらバーベキューも楽しむことができるのでおすすめです。

隅田川沿いの歩道にはランニングコース用の道が設けられています。ランニングコースは走りやすい道に舗装されているので、時間をたっぷり取ってお花見しながら隅田川曽井の桜並木をお散歩するのも良いですね。

汐入公園のロケ地巡り

自然が豊かで都会の中にある汐入公園は今までに様々な映画やドラなどのロケ地に使われてきました。

2011年にフジテレビのドラマで公開された「全開ガール」も汐入公園が舞台になっています。新垣結衣さんと錦戸亮さんのコメディドラマのシーンを垣間見ることができます!

他には2010年に漫画からドラマ化された吉瀬美智子さん主演の「ハガネの女」も汐入公園が使われています。

交通量も人も多くない緑の多い公園だからこそ撮影には適した場所になっています。

まとめ

春の季節には、汐入公園の桜並木はぜひ訪れたい場所です。ご紹介した陽光桜もぜひ探してみてくださいね。

子どもが安心して遊べる広場もご紹介しました。新しい公園のため、バリアフリーが整っており、ファミリーでのお出掛けも安心です。

春以外にもロケ地巡りの楽しみ方や四季折々の花が植えられていますので、写真映えすること間違いなしの公園です。

関連記事


ホテル予約最大16%割引
Booking.comカード

年会費無料なのに、これ1枚で日本全国のホテルで優待が受けられます!